2018【7月のヨガクラスのお知らせ】

先月に引き続き、今月もさくらんぼの写真ですみません、。

 

さくらんぼのシーズンもピークを過ぎ、ホッとひと息。

(ほんの数本しか木がないので、大した事ないと言われてしまうかもしれませんが、、、)

 

今年は梅雨入りしたのにも関わらず、雨が降らなかったため、雨よけをしていないウチのさくらんぼの木でも、ゆっくりと、さくらんぼの収穫を楽しむ事が出来ました。

 

 

甥っ子たちがワイワイとサクランボを喜んで食べている様子を見ながら、自分も小さい頃、サクランボの木に登ったり、サクランボのタネを飛ばしたりして遊んだ事を思い出しました。小さく甘い実で、山形の6月の記憶が楽しく、美味しいものになったら嬉しく思います。

 

 

 

 


続きを読む 0 コメント

2018【6月のヨガクラスのお知らせ】

6月。山形はさくらんぼの季節。

 

今年は真夏のような日中の暑さや日差しで、さくらんぼの実の色づきも早いようです。

数個味見をしてみたところ、まだまだ小さい実ですが、それなりの甘さのあるものもありました。

 

一方で、この時期は、色々と畑や木々、そして、そこに居る虫たちと向かい合う事が多い時期だったりします。

せっかくの緑の葉が食べ尽くされていたり、新芽が無くなってたり、実がかじられていたり(涙)

 

昔はそれに拒否反応が起きてましたが、最近は「それが自然なのかもしれないな」と思うようになりました。

畑を眺めていると、多種多様な生き物たちが関わり合って生きています。

 

でも、だからと言ってただ放置してしまうと、特定の虫だけが増え、枯れてしまったり。

なので、バランスが良くなるように、出来るだけ最小限に手を加える、というのが理想かな、と思っています。

 

手間ひまかけて。

 

 

お金を握りしめコンビニに行ったりすれば、24時間、食べる物に困る事などほとんどなかったり、仕事においても何よりも効率が求められたりする世の中ですが、無くしてはいけない、忘れてはいけない ”ちょっとしたひと手間”。

 

そんなひと手間がどこにでもあるような気がする、、。そんなことを考えながら、畑作業を楽しむ日々。

 

 

 


続きを読む 0 コメント

2018【5月のヨガクラスのお知らせ】

5月。新緑の季節。

 

先日、一泊二日で京都へと行ってきました。

 

目的は、

Daphne Tse(ダフネ・ツェ)のスピリットダンスソウルソングワークショップとキールタンライブ

(詳細は、こちら

 

 

なのに、田舎者の私は、京都のイメージに心が躍り、ついつい欲が出てしまって、

あちこち回ってみたいと、事前にネットで検索したり、地図を眺めてみたり。

頭の中にたくさんの情報を詰め込み、出発直前まで、何とか観光できないかと頭の中はモヤモヤ(笑)

 

 

でも、Daphneのワークショップとキールタンライブの後は、そんな頭の中のモヤモヤ感はすっかりなくなり、

心は晴れ渡り、ミュージシャンとのお話だったり、そこで出会った人たちや携わった人たちの雰囲気に

すっかり満たされていました。とても素敵な、愛に満ちたワークショップとキールタンライブでした。

 

 

そして、次の日の朝は、お寺での坐禅体験。

 

「今の人たちが目と頭ばかりに囚われていて、五感で感じることを忘れていること。」

 

坐禅体験で聞いた言葉の一つは、まさしく京都に来る前の自分自身、、。

頭の中に観光情報を詰め込み、その情報に踊らされ、

五感で京都の雰囲気を感じる事を忘れそうになっていました。

 

坐禅の後はすっかり穏やかで、もう少し坐っていたかったなぁ、と。

(坐禅体験、おすすめです!!)

 

その後、ヨガTT同期とも久々に逢えて、無理に名所めぐりはしていないけれど、

「京都に来てよかった」

ただそんな感覚が残った小さな、でも大きな京都への旅。

 

 


続きを読む 0 コメント

2018【4月のヨガクラスのお知らせ】

もうすぐ4月。

 

 

雪解けはあっという間にやってきて、急に気温が上がり、日中は20℃を超えてみたり、気まぐれで。

 

畑にあんなに残っていた雪はすっかり消え、少しずつ、草木や虫たちが目覚め始めて。

 

その中でもふきのとうは、いち早く、茶色い世界から、緑の顔を出し始める。

 

そして、あっという間に花開く。

 

もう少し花開く前のつぼみを、いくつか収穫し、春の香りを楽しむ。

 

春の訪れ。

 

新しい学期のスタートや職場の変化があったり、

野菜の種まきを始めたいとソワソワしてきたり(笑)、

気温の上昇とともに、上半身がフラフラと漂いそうになり、

心や気持ちが外へ外へと向かい過ぎてしまわないよう、大地の踏みしめを思い出す。

 

草木がしっかりと大地に根を張り、芽吹いてくるように、

ヨガを通して、自分の足や身体でグランディングを確かめながら、その位置を確かめながら、

ゆっくりと合掌して感謝を思い出し、ちょっぴり静かな時間を過ごす。

 

そんなひととき。4月もヨガクラスでお待ちしています。


続きを読む 0 コメント

2018【3月のヨガクラスのお知らせ】

 

油絵の具のような夕暮れの空。

 

 

 

気がつけば、2月も終わろうとしていて、、。

ほんの2、3日だけ短い2月が、とても短く感じる瞬間。

 

そして再び、空に意識を向ける。

 

あんなに暗くなるのが早かったのに、今は日暮れまでの時間が少しずつ長くなっていて、そこに変化を感じる瞬間。

ふと空を眺めながら、時間の事に意識が向いている事に気づく。

 

鼻から吸い込まれる息。繰り返される呼吸。

 

 

毎年この時期は、果樹の剪定作業をしていて(昨年のブログ)、

まだまだ50cm以上の雪が残っている畑。足元のゴム長靴から徐々に感じる冷気。

じっとしていると、身体が少しずつ冷えていく様子を感じ、日暮れとともに気温が下がっていく様子を感じる。 

 

目の前には果樹の木が、大地に根を張り、大空に向け高く高く伸びていて・・・(果樹栽培には相応しくないくらいに伸びすぎていて(笑))

 

鼻から吸い込まれる息。吐き出される息。繰り返されている呼吸。

時々呼吸に戻る。

 

瞑想的な瞬間、瞬間。2月の終わり。


続きを読む 0 コメント

2018【2月のヨガクラスのお知らせ】

すっかり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今年最初の投稿になります。

ブログでも新年の挨拶を・・・と思ったのもつかの間、あっという間に1ヶ月が経ってしまいました。

 

強い冬型の気圧配置で、雪が降り続き、真っ白な景色に包まれています。

雪がすべてのものを覆った、真っ白な景色。

 

私は冬山も好きなので、その景色、そしてそこにある静寂に引き込まれてしまいます。

 

肌に刺さるような冷え込み、サラサラの雪。

道無き道を踏みしめていく感覚。

冬にしか感じることの出来ない感覚。

 

そこに日常生活のスイッチが入ってしまうと、雪かきが大変とか、寒いとか、通勤が大変とか、そんなネガティヴな思考でいっぱいに。。。

 

ゴーン(←シンギングボウルの音でリセット)

 

ほんの少しの間、日常生活を忘れるひととき。脳のひと休み。

今、この瞬間に意識を向け、冬という季節にいる感覚をただ感じる、とても大切なひとときを、身体を冷やすことなく味わっていただけたら、と思います。

 

寒さが苦手な方は、暖かいところで。窓の外を眺めながら。温もりを感じながら。

もちろん、ヨガや瞑想はおすすめです。

 

・・・冬の露天風呂で瞑想的なひととき、もいいかもしれませんね(笑)

 


続きを読む 0 コメント

2018【1月のヨガクラスのお知らせ】

今年最後のヨガクラスが終わり、一息ついたところで、日本列島は冬型の気圧配置。

山形はあっと言う間に雪景色。

しかも、穏やかな雰囲気ではなく、気温も低く、比較的ビュービューと荒れ模様だったり。。。

 

そんな景色を眺めながらも、心穏やかに瞑想。。。

・・・なんて訳にはなかなかいかなくて、外へ出て雪かき作業。

年賀状を準備したり、年末までにやっておきたい事もいくつかあって、

気持ちは師走の疾走感が続いている感じです。

 

ふと、昨年は何を考えていたのだろうと、昨年のブログを見返してみたところ、、、

昨年は眼の病気の事で頭がいっぱいだったようです。

今でも定期的に眼科で診てもらったりしていますが、おかげさまで完治している状態で安定していて、

ただ、ストレスで再発しやすいとの事なので、出来るだけ穏やかに過ごせれば、と思っています。

 

畑もすっかり雪に埋もれてしまい、梅やプルーンの剪定を12月中に、と考えていたのですが、

どうやら来年へ持ち越しとなりそうで。

 

・・・と、色々と考えすぎかと、師走の文字が再び頭に浮かびます。

 

ゴーン(←鐘の音でリセット)

 

今年もたくさんの人に支えられた一年でした。

 

写真は、12月中旬頃の青空。スッキリと広がる空。青く澄み渡っていて、どこまでも広がる空。

冬になると部屋の中に閉じこもりがちで、空のことも忘れてしまいそうですが、

時々、青い空を思い出して、同時に胸の広がりや心地よい呼吸を思い出して、

出来るならばヨガもして(笑)、よりたくさんの人が健やかに過ごしていただけたらと思います。

 


続きを読む 0 コメント

2017【12月のヨガクラスのお知らせ】

初雪も降り、風が、空気が肌寒く、ひんやりとした季節となってきました。

なかなかスッキリとした晴れの日が訪れず、そんな日は家の中で出来る作業をしたり。

 

今年、さくらんぼの木の下に植えてみた小豆(アズキ)。

さや入りのまま乾燥しておいたものをザルにあけてみました。

多くはありませんが、お正月にあんこ餅を食べる程度はありそうです。

 

粒の大きさはバラバラ、色付きの良いもの、そうでないものと様々ですが、それもまた一興。

自分の畑で収穫した喜びの方が勝ります。

植えた場所によって、日当たりや周りの雑草、育った環境が違っていて、だから、きっと違っていて当たり前。

 

そんな当たり前を、ありのままに。

 

年始に味わう、ちょっとした贅沢の準備。

 


続きを読む 0 コメント

2017【11月のヨガクラスのお知らせ】

秋。

 

 

緑の草木が赤や黄色に鮮やかに色づく景色に魅了され、稲刈りや秋の果物・野菜の実りに感謝する季節。

それと同時に日没は早くなり、虫たちはなりを潜め、少しずつ静寂を増していきます。

 

山は色鮮やか。

 

天気や気温、気象状況を確認し、晴れそうな日は、山登りに行きたくなる気持ちを抑え(笑)、畑に出て、サトイモ、サツマイモ、ゴボウの生育状況を見ながら収穫したり(根菜系ばかりですが・・・)、色づいた柿を収穫したり。気づけば、あっという間に1日が過ぎていたりします。

 

 

坐って瞑想していると、あれもしたい、これもしたい、そんな気持ちが漠然と沸き起こってきて、坐って瞑想する時間ですら勿体無い気持ちもあったりして。でも、頭の中がたくさんの事で溢れている時は、結局すべてが中途半端だったり、全然必要ない物事に心奪われたり、最悪、何もしたくなくなったり。

 

 

ヨガや瞑想を続けると、そんなざわつきがスッーと落ち着く、秋の景色を眺めるようなひとときが訪れたりして、静かな時間が改めて大切に感じる今日この頃です。


続きを読む 0 コメント

2017【10月のヨガクラスのお知らせ】

 9月は、お寺ヨガxカレーのイベント、音楽イベントでの朝ヨガ(CBJAM2017)に多数のご参加をいただき、ありがとうございました。

参加した皆様の身体や心がスッキリしたり、ヨガっていいなぁ、なんて少しでも思っていただけたら嬉しいです。

 

写真は、山形と宮城の県境、山形神室あたりから見た、山形方面の夕暮れ。

 

山に登った時の空。

 

空は、いつも頭上に広がっているはずなのに、より強く、空っていいなぁ、雲っていいなぁ、なんて思ってしまいます。

 

日常生活の中では、街の中では、たくさんの建物が立っていて、何かと視界を遮っていたり、

(それでも山形は建物は少ない方ですが(笑))

もしくは、建物や家の中で過ごしていて、景色が窓枠内に収まっていたりして。

 

でも、ちょっとだけ山を登って、少し上の方から眺めた時の、視界がパァーっと広がっていく感覚。

そんな感覚が、身体のこわばりを緩め、開放感を生んでいるのかもしれません。

 


続きを読む 0 コメント