自分にありがとう

5年前の3.11、震災がある少し前に、私はヨガを始めました。

あの頃の私は、腕を上にあげようとすると、肩が痛くてあげられない状態。おそらく、仕事などのストレスによるものだったと思います。

 

身体の不調は、身体を動かさないと治らない!そう思って始めたのがヨガでした。

ヨガを始めて半年くらいに感じたのが、自分の身体と会話しているような感覚。

 

静かにヨガを行っていると、普段動かしていない部分だったり、力んでいる部分だったり、凝り固まっている部分を感じられてきて、”ここが疲れてたんだなぁ、うんうん。”・・・なんて自分で勝手に思いながらヨガをしてみたり(笑)

 

日常生活では全く不調は感じない時も、ヨガをすると調子の良くない部分が感じられるのが不思議でした。

ちなみに、肩は・・・いつの間にか治ってました。

 

 

身体はたくさんの細胞からできていて、様々な部位があります。

頭、首、肩、胸、腰、手、足。ざっくり言ってもこれだけあります。

これらの声をいちいち全て聞いていたのでは、生きる活動ができません。

 

同時に7人の人たちから具合が悪いと言われても、全員の声を聞くことは難しいですよね?

 

身体は本当に不調になるまで根を上げないで、頑張ってくれています。

自分が気づかないところで頑張っています。

 

だから、時々、声を聞いてあげてはどうでしょうか?

もっとも身近な、当たり前に存在している自分の身体に、時々感謝してみて、それでまた頑張る。

 

そんな自分の内側への感謝。

時々、自分にもありがとう。

 

 

それでは、みなさんが穏やかな毎日を過ごしていけますように。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

Share: