映画「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」

About Time

リチャード・カーティス監督、2013

 

 

今日は映画の話です。

 

主人公のティムは、21歳の誕生日に父親から一族が持つ、秘密の能力について教わります。

それは、タイムトラベル能力。主人公は、その能力を使って恋愛に挑んだりするのですが・・・。

 

 

 

「やり直したい。」

 

誰にだって、人生の中でそう思うことは少なからずあると思います。(執着ですね)

 

若いうちは「恋愛」だったり、

素敵なパートナーを持つことで「家族」のことだったり。

 

もしかしたら、この映画でもその部分だけ見て、そんなに人生うまくいかない!なんて卑屈に思ってしまうかもしれません。もっと自分ならわがままに生きるのに!と思ってしまうかもしれません。

 

 

でも、この映画では主人公は溺れません。

タイムトラベル能力 ー やり直す能力 ー に溺れません。

 

 

そして、タイムトラベルを使って問いかけてきます。

大切なこと、とても素敵なメッセージです。

 

そこに人生を変える秘密があります。

タイムトラベル能力がなくても、普通でも幸せになる方法があります。

 

「今、ここ」です。

 

 

 

映画のラストで流れる曲。ベン・フォールズの「The luckiest

・・・いい曲です。(和訳は映画本編で見てみてください) 

 

それでは、皆さんに幸せな時間が訪れますように。

 

 

<蛇足>

この映画オススメなのですが、オープンな恋愛シーンが一部あります。思春期のお子さんと見る場合は気まずくならないようにご注意ください(笑)

 

 

 

Share: